臨沂観光>ニュース>

「史上に最も人気があるメーデーの連休」は臨沂人の話題になった

中国臨沂網掲載 五月の臨沂では、風景が詩のようであり、山水が絵のようである。メーデー連休の期間で、臨沂市の文化観光システムが心を込めて文化観光に関わる素晴らしい活動を繰り広げ、田舎のレジャー観光、特色のある勉強観光、温泉リゾートなどの特色のある観光商品が競って出て、多くの市民観光客が家を出て、心身をリラックスさせ、みんなが熟知している「メーデー」がまた戻ってきた。

先の予想通り、この「メーデー」休暇はやはり「補償式観光」を迎えた。データ情報によると、今年の「メーデー」休暇中で、臨沂市のホテルとチケット予約注文量が2019年に比べて増加していた。8割を超える人たちは周辺観光、親子観光、テーマ観光を選び、国内旅行、省を跨ぐ旅行を選ぶ市民も清明休暇期間より増えていた。「史上に最も人気があるメーデーの連休」は臨沂人の話題になった。

文化・観光部(省)がこのほど明らかにしたところによると、試算の結果、2021年メーデー連休期間に、全国の国内観光客は前年同期比119.7%増の延べ2億3千万人に上った。比較可能なデータで計算すると、新型コロナウイルス感染症の発生前の同期の水準の103.2%まで回復した。国内観光収入は前年同期比138.1%増の1132億3千万元(1元は約16.9円)に上り、比較可能なデータによると感染症発生前の77.0%まで回復した。


责任编辑:

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】