今日臨沂>臨沂の概況

臨沂市環境資源

费县石林

地質奇観―費県(ひけん)石林

地质奇观-曾子山风景

 地質奇観―曾子山(そしさん)風景

地質資源 臨沂市の地質は構造が複雑で、地層環境が揃っています。主な構造は郯庐(たんろ)断裂帯(または沂沭(ぎじゅつ)断裂帯と呼ばれる)で、郯庐断裂帯は郯城(たんじょう)の北を経て北へ延びていて、臨沂市を縦貫しています。市内に山脈は北から南まで、主に沂山(ぎさん)・蒙山(もうさん)・尼山(にさん)三つの主な山脈があります。海抜が1000mを超える山は10あまりあります。その中で、蒙山は海抜1156mで、山東省の二番目の高い山で、「第二泰山」とも言われています。昔から評判が高くて、国内海外によく知られています。域内に絶え間ない浸蝕によってできたテーブル状の山がたくさんあり、地元の人に「崮」と呼ばれています。沂蒙七十二崮と俗称されていますが、有名な孟良崮(もうりょうぐ)はその中の一つです。

农业生产图

農業生産図

土地資源 臨沂市の土地の面積は171万9121.3ヘクタールで、作物播種(はしゅ)面積は108.6万ヘクタールです。山地丘陵は林業・果物業・畜産業の主要基地です。タバコ・落花生・さつま芋・とうもろこしなどが盛んに栽培されます。沂沭河沖積(ぎじゅつちゅうせき)平野は土壌が深く、土質が肥沃で、穀物と野菜の主要生産地であります。臨郯蒼(りんたんそう)平野は山東省の三大穀物倉庫の一つになります。

沂河碧波

沂河の青い波

江北水城

長江以北のウォータータウン

水資源 臨沂地方の水系は脈状に分布しています。中には沂河(ぎか)・沭河(じゅつか)・中運河(ちゅううんか)・浜海(ひんかい)という水系が四つあります。水域は淮河(わいかい)流域に属しています。主要河流は沂河と沭河であり、大きい支流が1035あり、10kmを超える河は300以上あります。臨沂市水資源の総量は59.6億立方メートルで、その中で、現在水利用システムでは年平均31.8億立方メートルの水を提供できます。

常林钻石

常林ダイヤモンド 

臨沂市の豊富な地熱資源

鉱産資源 臨沂市鉱物資源に恵まれ、幅広く分布しています。すでに84種類発見され、その中に、ドロマイトは全国でトップにあり、ダイヤモンド・石膏(せっこう)・石英(せきえい)の砂岩(さがん)埋蔵量は全国で2番目です。

临沂物产丰富

臨沂市食用茸栽培基地

生物資源 臨沂市の生物資源は種類が多いです。全市には高等植物が151科1043種類(変種亜種を含む)あります。動物は14網1049種類います。名物はスイカズラ・銀杏、・にんにく・栗・山椒・くるみ・白柳・サソリなどがあります。 

編集人:田万媛

分かち合う:
閉める】【直る:linyi0539china@hotmail.com】