今日臨沂>臨沂ニュース

山東両会、政府活動報告の審議や都市の発展が話題

2月7日、山東両会ホットワードランキングトップ10が発表された。政府活動報告の審議、老舗発展の支持、新しい発展理念などの言葉はそれぞれ99、91、84の関心度をもって、前3位にランクインされた。大衆網が伝えた。

2月6日、山東省第12期人民代表大会第6回会議各代表団は政府活動報告にグループ審議を行った。山東省委書記・姜異康氏は臨沂代表団の審議に参加し、新しい発展理念で発展全局を統率すると提出した。政府活動報告の審議や新発展理念はホットワードとなった。

また、政府活動報告で出てきた老舗発展の支持や企業家精神などの話題も多くの企業家とメディアの注目を集めた。山東省政協常委・崔俊良氏は「自家用車の車検改革」を実施し、政府、個人と市場のウィンウィンを実現すると提言し、セルフメディアで話題となった。

一方、都市の発展も注目された。郭樹清山東省長は徳州市の大気汚染予防を高く評価し、大気質改善でよい成果を遂行した徳州市のやり方を肯定した。済南市委書記・王文濤氏は済南市の「春節藍」を造り出した市民の共同努力に感謝の気持ちを表し、「省会戦略」を提出した。臨沂市は「一帯一路」発展戦略を融合し、突破的な進展を遂げたと臨沂市長・張術平氏は表示した。青島市は政府活動報告で十数回も言及され、「青島元素」もハイライトとなり、青島財富管理センターと済青高速鉄道、青島海洋国家実験室も期待される。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】