今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂卸売業者は努力して海外市場を開発する

 

展覧会で、楊思財はパキスタンの商人と一緒に写真を撮った。

9月9日から11日まで、「一帯一路2017中国臨沂商品市場・パキスタン商品展覧会」はパキスタンのラホル国際展覧センターで行われた。臨沂市の数百社の会社はが展覧会に参加した。

臨沂市卸売業者協会の副会長の楊思財は「私達の会社の売っている防水シートやカヌーなどの商品が地元に大人気で、物流も便利である。これから地元との貿易往来を増やす」と述べった。

9月17日に、臨沂市卸売業者協会の玩具卸売部の副部長の張自忠は南アフリカへ行った。それは彼が第三度に南アフリカへ行ったことであった。今度に、張自忠は彼の友達と一緒に海外の南アフリカ市場を作ることに行った。

張自忠は「今まで、南アフリカ市場はアドレスが既に決まり、ケープタウンにあり、面積が1800平方メートルに達する。次に、私達はそれぞれ南アフリカのブルフォダンとヨハネスボに1万平方メートルの海外市場を作ろうと思う」と述べた。

南アフリカの経済状況と商品の需要情況を巡って、張自忠は「南アフリカに、住民が全部に現金で地元の店へショッピングに行かなければならなく、電子商取引もなく、物流も盛らないである。それに、建材商品と金物商品とプラスチック製品と家庭用電気製品と玩具の五つの種類の商品は南アフリカに人気がとてもあるので、私達は臨沂卸売り市場から大量に仕入れたいである。」と述べった。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】