今日臨沂>臨沂ニュース

第八回臨沂商博会は意向取り引き額が16.3億元に達し

仕入商人がフランスワインを購入している。

三日間にわたって、25日に第八回中国臨沂国際貿易物流商業博覧会は円満に終わった。第八回商博会の行われた期間に、参会の観衆はのべ14.38万人に達した。この中に、専業の仕入れ商人が6.85万人に達した。現場に意向取り引き額が16.3億元に達し、前年比で11.6%増だ。今度の商博会は特色が鮮明で、「一帯一路」の元素を含めるだけでなく、専門化も国際化も明らかに明示された。

仕入企業が板材を購入する。

第八回商博会は9月23日から25日まで行われ、五つの展示区域で展示ブースが6000個あった。この中に、臨沂国際展覧センターに展示区域が二つあり、それぞれ材木博覧会展示区域と建築材料展示区域であった。臨沂商城展覧センターに展示区域が一つあり、即ち臨沂キッチン・バス・家庭用電気製品展示区域であった。臨沂国際博覧センターに展示区域が二つあり、それぞれ建築材料展示区域と電子商取引・物流展示区域であった。

 専門のインド香料

ロシアからの工芸品が市民の参観を引き付けた。

出展者が漢服を着て仕入企業を引き付けた。

インドの手作り靴

アフリカカメルーンの艶やかなアクセサリーがかなり目を引いた。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】