今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂商業都市「一つの中心、九つのクラスター」

近日に、臨沂市都市計画委員会の2017年第三回会議に、『2016年から2030年まで臨沂商業都市発展総体計画と空間配置計画』は発表された。

会議に、「臨沂の商業発展が国際化と電子商取引化と集約化の原則を堅持しなければならない」と指摘された。海外倉庫と海外市場を建て、市場の及ぶ範囲を広めることを通じて、国際化を実現する。オンライン販売とオフライン販売が結び、もとの実体店を電子商取引化に改造する。集約化は市場中心を形成し、多くの市場のある同時に中心の競争力を保持することである。

『2016年から2030年まで臨沂商業都市発展総体計画と空間配置計画』によって、2030年まで、臨沂商業都市は「一つの中心、九つのクラスター」の都市発展結構になる。 一つの中心即ち国際商業貿易市場中心区である。九つのクラスター即ち板材住まい用品市場クラスター、日常用品雑貨市場クラスター、服装市場クラスター、自動車の部品クラスター、セラミック建材市場クラスター、農業副生産品市場クラスター、金物機械市場クラスター、鋼材市場クラスター、健康体育市場クラスターである。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】