今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂ーモスクワ(ミンスク)中欧貨物列車は開通した

 

中国臨沂網1月26日掲載 1月25日に、建材や工業機械や自動車部品などの貨物を載せた臨沂ーモスクワ(ミンスク)中欧貨物列車は臨沂ステーションから出発し、モスクワ(ミンスク)へ向かった。それは臨沂が国家の「一帯一路」戦略をに応じて、切り開いた第四本の国際貨物列車線路である。

臨沂ーモスクワ(ミンスク)中欧貨物列車は両方向に往来し、満州裏を経て出入国をし、運輸距離が9922キロメートルで、運輸時間が16日間に達した。

この列車のは臨沂とヨーロッパの二つ国家の首都を緊密に繋げて、有効に三つの都市の間の運輸中心問題(貨物の回転が遅く、運輸のコストが高く、気候の影響を受けること)を解決し、三つの都市の経済貿易往来を増えて、ロシアやベラルーシ及び周辺国に売られる臨沂商品の競争力を高めた。更に臨沂が国家「一帯一路」発展戦略に応じることにおけて、重要な経済意義と社会意義がある。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】