今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂市無形文化財は国外に好評を受けた

臨沂無形文化財の切り紙伝承人の林化強はニュージーランド文化交流中に現場で紙を切った

    近日に、国家文化部は国家の関わった部門、各地文化団地、出先機関と一緒に「2018年喜びの春節」活動を開催した。臨沂市無形文化財の沂蒙手刺繍伝承人の卞成飛、切り紙伝承人の林化強は山東省を代表し、それぞれスウェーデン、ニュージーランドへ文化交流に行った。活動の中に、色が鮮やかで、形式が多様で、沂蒙特色のある一つ一つ工芸品は多くの海外観衆と地元華僑の好評を得た。

スウェーデン文化交流中に、臨沂市無形文化財の沂蒙手刺繍伝承人の卞成飛の作品は大人気であった。

臨沂市無形文化財の沂蒙手刺繍伝承人の卞成飛は手刺繍の制作を観衆に教えた。

林化強の精巧な切り紙技術は多くの海外観衆と地元華僑の参観を引きつけた。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】