今日臨沂>臨沂ニュース

2018第七回中国臨沂国際品物博覧会は取り引き額が2.5億元に達した

中国臨沂網5月21日掲載 20日の午後に、「引率し前へ行き 絶えずに超える」を主題とした2018第七回中国臨沂国際品物博覧会は臨沂国際展覧センターで円満に終わった。三日にわたった2018年第七回中国臨沂国際品物博覧会は取り引き額が2.5億元に達した。

2018第七回中国臨沂国際品物博覧会は山東貨満党国際展覧有限会社によって主催され、臨沂市商城管理委員会と臨沂市商務局によって支持され、臨沂市品物商業協会と荊門市品物協会と深セン品物協会と義務市日常用品協会と中国百貨商業協会と上海日用品業協会と成都市日常用品業協会と瀋陽五愛品物管理協会と106品物協会と太原市品物協会と商丘市品物協会と浙江省貿易商業聯合会と協力し開催された。

2018第七回中国臨沂国際品物博覧会は展覧館が三つあり、2700社あまりの企業が出展したことを引きつけた。この中に、生産メーカーが80%を占めった。標準展示ブースが2400個に達し、総展覧面積が41000平方メートルに達した。

博覧会へ来た観衆が6万人いた。この中に、バイヤーが18000人あまりに達し、現場で取り引き額が2.5億元に達した。

山東省や河南省や湖北省などの省市及びロシアやインドやカンボジアなどの2700社あまりの国内外出展企業は豊かで、精巧で美しい品物を持って、三日にわたった2018年中国臨沂国際品物博覧会に参加した。

2018年中国臨沂国際品物博覧会は貿易商業の市場を開拓することと業界情報を交流ことと企業ブランドイメージを立つことを目指して、中国で最も権威のあり、最も影響力のあり、最も国際化のある全国及び全世界の一番良質な品物業界貿易大会であった。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】