今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂タン城に、群居特性のある馳竜類の恐竜足跡は発見された

臨沂市タン城県李庄鎮の300個あまりの恐竜足跡

臨沂市タン城県李庄鎮の馳竜類の足跡は発見された。

中国臨沂網6月19日掲載 6月17日に、米オ中(中国とアメリカとオーストラリア)恐竜足跡考察隊の専門家は「臨沂市のタン城県の李庄鎮に、一つの大型の恐竜足跡区を見つめた」と発表した。最も注目されるのは4本の平行の小さい恐爪竜の馳竜類の足跡であった。その群居特性のある恐爪竜足跡は世界で第一回に発見された。

最も注目されるのは4本の平行の小さい恐爪竜類の足跡であった。

中国で有名な恐竜ハンターの唐永剛と専門家は李庄鎮の恐竜足跡をの300個あまり発見した。李庄鎮の恐竜足跡は肉食性の恐竜によって残された三足指型中型獣足類足跡、三足指型小さい獣足類足跡、三足指型微小な獣足類足跡、二足指型の小さい恐爪竜足跡、草食性の狭い距離のある竜脚類足跡、草食性の広い距離のある竜脚類足跡及び鳥類足跡の七つの種類を含めて、300個あまりの足跡がある。 

専門家は真面目に恐竜足跡を整理した。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】