今日臨沂>臨沂ニュース

2018山東臨沂(北京)新旧原動力転換商業資金導入打ち合わせ大会は北京に成功に開催された

2018山東臨沂(北京)新旧原動力転換商業資金導入打ち合わせ大会は北京に成功に開催された。

中国臨沂網6月28日掲載 6月27日に臨沂市政府によって主催され、臨沂市商業資金導入局に引き受けられた2018山東臨沂(北京)新旧原動力転換商業資金導入打ち合わせ大会は北京に成功に開催された。

王玉君と孟慶斌は打ち合わせ大会の前に、重要な貴賓と協力方と会見した。

中国科学院メンバー・清華大学の副校長の薛其坤、中国科学院メンバー・粉末冶金・先進陶磁専門家、北京科学技術材料科学と工程学院教授の葛昌純、中国工程院メンバー・海軍武器系統工程革新センター主任の邱志明、中国都市化促進会の副理事長の范愛国、海軍専門事務所総エンジニアの陳涛、中国副食品流通協会会長の何継紅、中国鋳造協会の副会長の温平、中国科学院国家技術移りセンター主任の郭慶山、国家千人計画専門家・天津師範大学教授張中標は打ち合わせ大会に出席した。中国共産党臨沂市書記王玉君は大会に出席し、挨拶をした。中国共産党臨沂市副書記・市長の孟慶斌は会議を司会した。中国共産党臨沂市副書記の張広偉は大会に出席した。

今度の打ち合わせ大会に、調印された項目が52個に達し、利用市外資金が401.4億元に達した。

王玉君は臨沂市の基本的な情況と主な優勢と投資環境を紹介した。彼は「臨沂市は山東省政府の要求によって、新旧原動力転換重要工程を起動して、全省に初めてに新旧原動力転換総体方案にパスし、国家内外貿易発展実験区と人材管理改革実験区になった。更に臨沂開放の発展態度と誠意を展示し、各方の交流協力を促進し、もっと多い友達に臨沂に注目させ、臨沂を了解させ、臨沂に投資させるために、今度の打ち合わせ大会を開催した。「投資者にサービスし」の理念にとおり、臨沂市は投資環境を改善させ、激励政策を完善させ、企業家の投資発展に保障を提供してあげる」と述べた。

 今度の商業資金導入打ち合わせ大会は北京及び京津冀周辺地区にいる投資項目あるいは投資意向のある企業担当者を誘って、8+8産業育成計画をめぐって、四新四化の発展理念を際立たせて、智能製造や新能源や新材料や新医薬などの産業項目を主導として、更に協力打ち合わせをするのであった。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】