今日臨沂>臨沂ニュース

サウジアラビアジッダ中国臨沂商城は試営業段階に入った

中国臨沂網6月29日掲載 近日にサウジアラビアジッダ中国臨沂商城の中国語と英語商標は正式に紅海沿岸の港湾都市のジッダに現れた。それはサウジアラビア半島に一番大きな中国語字体である。

サウジアラビアジッダ中国臨沂商城の様々な商品は中東に中国風が吹く。

ジッダ中国臨沂商城の内装と外装の終わりと伴って、サウジアラビアジッダ中国臨沂商城も試営業の段階に入った。

紅海沿岸に位置するジッダはサウジアラビアの一番大きな港都市で、第一経済センターである。今までに、サウジアラビアジッダ中国臨沂商城は20陣の臨沂考察団延べ300個ぐらいの臨沂商家を組織し、がサウジアラビアへ考察に行かせた。調印された商店が200個に達した。7月に三陣の商家がサウジアラビアへ考察に行く。

大部分の商家はサウジアラビアへ行った前に、臨沂で貨物あるいはサンプルをジッダ港へ発送した。貨物は日常用品や服装や金物や建設材料や家庭用電器などの商品が含また。今、貨物は次づぎにジッダ港に到着した。その貨物はしばらくにサウジアラビアジッダ中国臨沂商城の倉庫に貯蔵される。店の内装がよく完成される後に、商家が正式に営業できる。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】