今日臨沂>臨沂ニュース

2018臨沂国際マラソンレースは中国陸上競技試合のA1類の認証にパスした

中国臨沂網9月7日掲載 記者は2018臨沂国際マラソン組織委員会のメンバー会議から「2018臨沂国際マラソンレースは中国陸上競技試合のA1類の認証にパスした。」と了解した。目前に、応募者の人数が11416人に達した。この中に、フルマラソンに参加する人数が2445人で、ハーフマラソンに参加した人数が4523人で、ミニマラソンに参加した人数が4448人に達する。現在に、申し込み活動は依然として続いている。社会各界のスポーツ愛好者は申し込みを通じて、2018臨沂国際マラソンレース参加する。

2018臨沂国際マラソンレースは中国陸上協会、山東省体育局、臨沂市人民政府によって共同で主催され、10月21日の午前7時30分に北城新区五洲湖広場に発砲し、始まる。レース級別が中国陸上競技協会A1類認証試合で、賞金がのべ42.8万元で、中国籍の選手賞と臨沂籍選手賞が特別に設立された。

レースの主会場は北城新区五洲湖広場にある。五洲湖広場はフルマラソンとハーフマラソンの始発と终着として、ミニマラソンの終着が臨沂市文化中心南広場に設置される。

レースの路線は主に北から南京路沂河大橋、南か沂河路沂河大橋、西から蒙山大通りの濱河路に集中する。途中が金雀山路、沂蒙路などの主な道路を通る。レースの道路は平坦で広く、主城区と沂河水際観光区を貫く。十分に臨沂市の水際都市の特色と発展情況は展示されることができる。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】