今日臨沂>臨沂ニュース

第九回商博覧会は円満に閉幕し、16万人を引きつけた

9月17日午後に、第九回中国臨沂国際貿易物流博覧会の閉幕記者会見は開催された。

中国臨沂網9月18日掲載 「短い商博会 永久の商博情」9月17日午後に、第九回中国臨沂国際貿易物流商業博覧会は終わった。今回の商博会は9月15日から17日まで開催され、「貿易商業が世界へ通り、大きく美しく新しい臨沂」を主題として、観衆が16万人に達し、現場に意向取り引き額が前年比6.5%増え、17.36億元に達した。

外国バイヤーは展示ブースで製品情報を了解した。

今度の商博会は中国商業聯合会、中国交通運輸協会、中国日常用品商業協会、中国対外請負工程商会、山東省商務部、山東省商工局、山東省貿易促進会、臨沂市人民政府によって主催され、「貿易商業が世界へ通り、大きく美しく新しい臨沂」を主題として、「政府が指導し、市場は運作し、社会が参加し、節約に開催し」の原則を堅持し、専門化と市場化と国際化の開催方向に沿って、着実に臨沂商城の国際化を促進し、全市の経済発展にサービスした。

第九回商博会は輸入商品展覧区、日常用品商品展覧区、家電台所用品・バスルーム用品展覧区、文体用品展覧区、物流装備と技術展覧区、工程物資展覧区の六つの大きな展覧区があった。国際標準展示ブースが6600個に達する。同期に、2018中国(臨沂)雑貨ピークフォーラムや2018中国(臨沂)知恵物流発展ピークフォーラムや2018中国(臨沂)Eコマース発展フォーラムや2018中国臨沂商業・資金導入商談会や市場仕入れ貿易方式の宣伝大会や海外バイヤーと協力大会など9つの系列活動も開催された。

第九回商博会の展覧区において、臨沂商城市場の仕入れ貿易方式と地元の製品要素を目立った。「臨沂造り」商品は大規模に登場した。

 中国臨沂国際貿易物流商業博覧会は定期に山東省臨沂市に開催される綜合性商業大会である。2010年に開催されて以来に、中国臨沂国際貿易物流商業博覧会は成功に9回開催された。商博会は毎年に新しい進歩があり、規模が大きければ大きいほどなり、級別が高ければ高いほどなり、専門性が強ければ強いほどなる。

第十回商博会は2019年10月18日から20日まで開催される。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】