今日臨沂>臨沂ニュース

2018中国臨沂東夷文化祭りは今日に盛大に開幕した

ある文化は昔の時代に始まり、山東省に出世し、後に華夏文化に融けた。それは中華文化の重要な源の一つとする東夷文化である。

沂河、沭河流域の中心地帯における臨沂経済技術開発区は東夷文化遺跡の密集に分布している地域である。これらの歴史文化資源に頼って、臨沂経済技術開発区は「東夷文化研修高地」を造り、前後して皇山東夷文化園や東夷文化博物館などの国家4A 級観光地と省、市級の文物保護部門の3つを建て、「中国東夷文化研究センター」と「山東省東夷文化交流研究基地」に評されて国内外で影響を持つ東夷文化展示センター、体験センター、研究センターになった。

東夷文化は我が国の東夷の先民が長い歴史の過程の中で創造されたものであり、独立の体系と風格があり、断続的でなく、長く深い文化影響力を持っていて、中華文化の重要な源であり、中華民族の歴史発展と文化創造プロセスの中で重要な歴史的な地位と巨大な貢献を持っている。臨沂は「東夷文化区の中心地域」として、東夷文化の伝承と発展に重要な地位を持つ。開発区の人々は東夷文化の重要性を深く知っていて、東夷文化フォーラムを連続して開催した。専門家たちは「歴史の伝承と現代の革新が結ばれるべきで、伝統的な特色と時代の特徴が結ばれるべきで、理論研究と実践探索が結ばれるべきである。」と思っている。東夷文化の歴史伝承、文脈の続き、文化の追求におけて、臨沂市はより大きな成果を獲得し、より大きな突破を実現し、東夷文化の経済発展と社会調和を促進する役割を発揮させるように努力する。

今年にずっと期待される臨沂東夷文化祭は9月26日から28日にかけて臨沂市経済開発区で行われる。2018臨沂東夷文化祭は「東夷文化を探し、沂蒙精神を発揚する」を主題とする。今回の文化盛会は沂蒙精神、紅色遺伝子が東夷文化と結びを促進し、人民大衆の文化生活の内包を高め、同時に臨沂経開区の建設15周年を記念し、全力に「東夷文化研修高地」のブランドをつくり、臨沂市の文化産業の大発展、大繁栄を促進し、新旧原動力転換に新たな動力を注ぐことを目指す。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】