今日臨沂>臨沂ニュース

未来に、6本の高速鉄道が臨沂を通り 山東省の交通計画が期待させる

魯南高速鉄道プロジェクトの工事現場

中国臨沂網10月9日掲載 2019年に、臨沂高速鉄道が開通する目標を叶うために、国慶節ゴールデンウイークの期間に、魯南高速鉄道プロジェクト部の全員が休暇を放棄して、工事に続いた。臨沂人民が早く高速鉄道に乗るのに、3000人が昼夜分かたず働いた。記者は、目前まで、魯南高速鉄度の地下工事がほぼ終わって、地上工事が進めている。曲阜から日照にかけては、大規模な敷設や電気化施工が始まって、2019年末に開通する。また、菏沢間の高速鉄道も年末に着工する。

 

未来に、6本の高速鉄道が臨沂を通り

山東省はまた1000キロメートルの高速鉄道を加えて、2035年までに全省の道路網の総規模が5700キロメートルに達して、同期に800キロメートルの市域鉄道を増やし、県区域の高速鉄道ネットワークカバー範囲が93%以上に達して、高速鉄道の出入り口が15個を増やし、時速350キロの高速鉄道が80 %以上に上がって、全面的に“四横六縦”現代化のある高速鉄道網を構築し、全省をカバーする「省中心環、半島環、省境環」を形成するように計画する。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】