今日臨沂>臨沂ニュース

第十六回臨沂書聖文化祭りは円満に閉幕し、30万人あまりの群衆を引きつけた。

第十六回臨沂書聖文化祭りの閉幕式の記者会見は行われた。

中国臨沂網10月10日掲載 「文化の盛会 人民の祝日」。10月9日に、第十六回臨沂書聖文化祭りの閉幕式は開催された。今回の書聖文化祭りは35日間にわたって、10月7日まで終わった。書聖文化祭りの期間に、芸術展覧や学術論壇や博覧取り引きや文化体験などの93個の活動が開催されて、30万人あまりの群衆を引きつけた。

書聖の王羲之の誕生日1715周年を記念し、中華の優秀な伝統文化を伝承するために、第十六回書聖文化祭りは9月3日から10月7日まで山東省の臨沂市に開催された。9月3日に、第十六回臨沂書聖文化祭りは臨沂国際博覧センターで正式に開幕した。

みんなは書画作品を参観した。

今度の書聖文化祭りは素晴らしい展覧で祭りのブランドを高め、文化体験で書聖文化を伝承し、文博理念で芸術市場を繁栄させ、学術論壇で文化内容を豊富にさせる。第十六回臨沂書聖文化祭りの期間で、組織会はまた芸術展覧と学術論壇と博覧交易と文化体験の四つの内容の20個余りの活動を開催した。

子供は筆で字を書き、書道風采を展示した。

この中に、第三回王羲之賞書道作品展覧会と第一回中国画作品展覧会は郭石夫と呉悦石と湯立大の花鳥画展覧会、山東省第三回篆刻芸術展覧会、山東省青年中国花鳥画ノミネート展覧会を導入した。それに、今年に、鄭板橋の専門精品展覧会は増設された。

全民書道大会に書道愛好者は自分の作品を展示した。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】