今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂特色が第七回山東文化産業博覧取り引き大会に登場した

中国臨沂網10月15日掲載 10月11日の午前に、五日間にわたる第七回山東文化産業博覧取り引き大会は済南に開幕した。臨沂市の臨沭柳編みや羅庄陶磁や沂南徐公硯や費県の手作り刺繍などの臨沂特色が第七回山東文化産業博覧取り引き大会に登場した。(写真が記者の李建によって撮影された。)

費県の手作り刺繍

今回の文化産業博覧取り引き大会は「新時代、新動力、新アイデア、新発展」を主題として、展示区、フォーラム、大衆文化活動の3つの部分からなる。主会場は済南国際会展センターにあり、文化改革発展総合展示区や文化科学技術展示区や産業融合展示区などの九つの展示区が設置された。

臨沭柳編み

臨沂市の展示区は総体に簡潔な枠組みの構造を採用して、書道を主に設計元素として、臨沂の「書聖故里」「中国の書道名城」の都市の特色がある。風格の上で簡潔と実用を強調し、臨沂文化の発展の成果を展示する同時に、文化企業のために展示、交流、取引の空間を十分に提供した。全体の展示区は4つの区域に分けられ、文化発展成果展示区、柳編み工芸品の展示区、民俗工芸品の展示区、文化創作芸術品区が含まった。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】