今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂の200社あまりの企業は第一回中国国際輸入博覧会に参加する

中国臨沂網10月16日掲載 第一回中国国際輸入博覧会(「進博会」)は11月5日から10日まで上海国家展覧センターで開催される。14日に、記者は臨沂市商務局の紹介によると、臨沂市の各企業、事業部門、社会組織は積極的に第一回中国国際輸入博覧会に参加する。最終的に、20社の国有企業、185社の他の企業、および43社の政府機関、事業部門、社会組織は審査を通じて参加資格を獲得したと了解した。

中国政府の新たな発展理念を実行し、高レベルの対外開放を推進するシンボルプロジェクトとして、第一回中国国際輸入博覧会は商務部、上海市政府によって主催され、今年にわが国の4つの主場外交活動の一つとして、国家貿易投資総合展覧会、企業商業展覧会、虹橋国際貿易フォーラムの3つの部分に分けられ、これまで世界で初めて輸入をテーマにした国家級博覧会である。

第一回中国国際輸入博覧会の計画委員会の紹介によると、展覧ホールの総面積が27万平方メートルに達する。その時に130個以上の国家と地区の2800社の海外企業は出展できる。この中に、世界トップ500企業と有名な企業が200社を超え、スマート・ハイエンド装備、サービスアウトソーシング、革新設計、観光サービスなどの10以上の重要な募集分野に及ぶ。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】