今日臨沂>臨沂ニュース

2018臨沂国際マラソン大会は21日に開催された

臨沂市は熱情満々に2018臨沂国際マラソン大会を迎えた。

中国臨沂網10月22日掲載 21日の午前に、中国陸上競技協会、山東省体育局、臨沂市人民政府によって主催され、山東省陸上競技運動管理センター、臨沂市体育局によって引き受けられた「致遠不動産」2018臨沂国際マラソン大会が開催された。国外内から来た2万人の専門選手と愛好者はフルマラソン、ハーフマラソンとミニマラソンの三つの項目にマラソンの情熱と魅力を十分に享受した。選手の李子成と房広霞はそれぞれ2時19分46秒、2時58分6秒の成績でフルマラソン男女優勝者を獲得した。

臨沂市は熱情満々に2018臨沂国際マラソン大会を迎えた。

2018臨沂国際マラソンのコースは臨沂市の五洲湖から始まった。河北や北京や天津など30個の省市及びアメリカやドイツやニュージーランドやエジプトや韓国やインドなどの国家から来た選手は20000人いた。その中の外国人の選手は35人に達した。オリンピックのチャンピオンの杜麗は特別なゲストとして、2018臨沂国際マラソンに助力した。中国のマラソンの優勝者の李子成は強気に皆を引率し走った。

2018臨沂国際マラソン大会は「生態マラソン、赤い沂蒙情」を主題とした。試合は男女フルマラソン(42・195キロ)、男女ハーフマラソン(21・0975キロ)、ミニマラソン(6キロ)などの5つの項目があった。参加の人数は2万人に達した。その中にフルマラソンが4000人、ハーフマラソンが6000人、ミニマラソンが10000人に達した。フルマラソンとハーフマラソンの起点と終点は臨沂市政府の前に位置する五洲湖広場にあった。ミニマラソンの起点も臨沂市政府の前に位置する五洲湖広場にあり、終点が臨沂市文化センターの南広場に位置した。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】