今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂の四つの村は第1期省級美しい田舎パイロットに入選

最近に、山東省政府事務庁の通知によると、臨沂市の費県薛星村、蘭陵県金嶺鎮南ウマ頭村、沂南県依汶鎮孫隆村、蒙陰県桃キョ鎮安康村は山東省第1期美しい田舎建設省級パイロットに選ばれたということだ。目前に、山東省の美しい田舎建設「四一三」行動は実際行動段階に入る。(中国臨沂網が伝えた。)

 美しい田舎を建設するために、山東省は人材・技術の準備を整えた。山東省住宅建設庁はすでに第1期300人の美しい田舎建設計画建築士・デザイナーリストを発表した。山東省美しい田舎建設活動専門組織委員会推進弁公室は専門家委員会を打ち上げ、30人余りの有名な専門家・学者、プランナー、建築士を誘われて、わが省の美しい田舎建設に知恵的支えを提供する。

美しい田舎建設パイロットプロジェクトは各県(市、区)を責任主体として、郷鎮政府(街道事務所)を実施主体とする。各部門は美しい田舎省級パイロット建設の推進に役立つ措置を制定するべき、人材や技術や土地や資金などにおけて積極的な支持を与えるべきだ。省級パイロットの同時に、各市、各県(市、区)は実際に結びつけてパイロットを繰り広げ、パイロットのモデル効果を拡大する。

山東省美しい田舎建設「四一三」行動の目的は、膠 東、山東中部、南西部、北西部の4つの景勝区を集中的に作り上げ、膠 東海浜、沂蒙山区、黄河沿岸、大運河沿線など10ヶ所の特色のある景勝区を建設して、2020年までに、300の地域文化が明らかに、建築スタイルが多様化、田舎風景が綺麗な省級美しい田舎パイロットを構築する。2025年までに、農村社会に立ち、現代文明を体現する「魯派民居」の数多くの建築群を形成して、山東の特色のある現代版「富春山居図」を基本的にできた。

(中国山東網)

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】