今日臨沂>臨沂ニュース

「臨沂―モスクワ」斉魯号ユーラシア貨物列車は正式に開通した

「臨沂―モスクワ」斉魯号ユーラシア貨物列車は臨沂市済鉄物流団地から出発した。

中国臨沂網11月1日掲載 31日の午前に、建設材料や工業機械や自動車部品などの貨物を積み載せる「臨沂―モスクワ」斉魯号ユーラシア貨物列車は臨沂市済鉄物流団地から出発した。それはもとの臨沂で開通した「中国―ヨーロッパ」国際貨物列車が統一に山東省の「斉魯号」ユーラシア国際貨物列車系統によって管理されたことと示した。

同時に、済南、青島、淄(シ)博の「斉魯号」のユーラシア国際貨物列車も同時に起動した。それは省内の「中国―ヨーロッパ」国際貨物列車、「中国―アジア」国際貨物列車が統一に山東省の「斉魯号」ユーラシア国際貨物列車系統によって管理されたことと示した。統一ブランド、統一プラットフォーム、統一政策、統一宣伝を実現し、山東省の国際物流は新しい時代に入った。

臨沂港から運輸されて来た貨物は「臨沂―モスクワ」斉魯号ユーラシア貨物列車を通じて、輸送された。

ロシアから運輸されて来た木材は臨沂に到着した。

山東省ユーラシア列車の線路図

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】