今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂綜合保税区の前の三つの四半期の輸出入額は14.06億ドル

中国臨沂網11月7日掲載 前の三つの四半期に、臨沂総合保税区は税関特殊監督機能政策の優勢を発揮し、米中の経済貿易摩擦の影響を克服し、正確な商業導入政策を実施し、新産業を強力に発展させ、新動力を育成し、全市の対外経済貿易の発展に積極的な促進する役割を発揮し、穏やかで上昇する勢いを見せていて、輸出入額が14.06億ドルに達した。

前の三つの四半期に、綜合保税区には輸出入実績を持つ企業が287社あり、前年に比べると、145社増えた。各県区、開発区が総合保税区を通じて輸出入データは14.06億ドルに実現し、全市の業務量の18.32%を占めて、前年比180%増えて、業務量や増幅は全市の第一位を占めている。その中の輸出が8.95億ドル、前年比189%増え、輸入額が5.11億ドルで、前年比273%増えた。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】