今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂市では、山東省サービスブランドが41個あり

中国臨沂網11月8日掲載 臨沂市発展改革委員は市政府の「品質が推し進め、標準が率いて、ブランドが牽引し」戦略を徹底に実行し、新旧原動力転換を指導として、ブランドのハイエンド化を目指として、積極的にブランドの建設を推し進め、サービス産業の結構グレードアップを促進する方面や発展品質と利益を高める方面や企業の競争力を強める方面に大きな成果を取った。今まで全市の省級サービスブランドが41個に達した。

臨沂市サービス産業のサービス品質はたえずに向上した。観光や電力産業や給水産業などの十つの公共サービス業の満足度は全体的に上昇する勢いが現れた。有名なサービス産業の区域、業界、製品、ブランドも現れた。拓普ビッグデータ分析サービス、金正大農業技術普及サービス、金蘭物流輸送などの13個のサービス産業プロジェクトは山東省サービスブランド賞を取った。蘭山商城物流産業クラスタは第一陣の省級現代化サービス業特色産業クラスタアップグレード模範と選ばれた。河東区が第二陣の省級健康サービス業の革新発展試験区と選ばれた。

「商業都市の臨沂 物流センター」という都市ブランドは中国で有名である。臨沂市の貿易商業と物流の発展はサービスブランドの建設に強い動力を注入した。2017年博鳌(アオ)国際物流フォーラムで、臨沂市は「中国物流産業で、最も影響力のある都市」の称号を授与された。「親情沂蒙 赤色臨沂」のブランド知名度も顕著に高まった。「中国臨沂商博会」や「中国臨沂資本取り引き大会」などのブランド展覧会の影響力も大幅に高まった。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】