今日臨沂>臨沂ニュース

2019年臨沂インフラ及び重要なプロジェクト建設計画は公布された

蒙山高架橋資料図

中国臨沂網12月4日掲載 日前に、臨沂市政府は『2019年臨沂中心城区のインフラ及び重要なプロジェクト建設計画』を公布した。蒙山高架橋の北へ延び工事や金雀山路の沂河橋東側の立体交差橋の改造工事や魯南高速鉄路臨沂北駅の駅前広場建設工事や漢墓竹簡博物館改造工事などの開発建設プロジェクトが含まった。

『2019年臨沂中心城区のインフラ及び重要なプロジェクト建設計画』は着実に都市の発展モデルを転換させ、新旧原動力転換を促進し、住みやすい都市を建設することを目指して、主に高速鉄道建設工事や民生工事などの分野に向けた。

公布した『計画』に、橋建設工事や排水工事や都市光り工事や公用事業工事などの多くの市レベルの新築工事計画だけでなくあり、及び、蘭山区と河東区と羅庄区と高新技術産業開発区と経済技術開発区の新築工事計画も含まった。

 2019年の市級新築プロジェクトが96個あり、総投資額が315.7億元に達した。この中に、2019年の投資額が151億元が達した。資金の来源によって分かれると、臨沂市の財政総合予算は18.6億元で、PPP運作が15億元で、県区開発投資額が64.2億元で、市場化運作額が33.7億元に達し、他の投資額が19.5億元に達した。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】