今日臨沂>臨沂ニュース

「両招両引」に、調印したプロジェクトが43個、利用できる市外資金が184.8億元

中国臨沂網12月4日掲載 12月3日の午前に、2018山東臨沂(広州)「両招両引」仕事商談大会は広州白雲国際会議センターで成功に開催された。

中国共産党臨沂市委員書記の王玉君は大会に臨沂市の基本情況と主な優勢とよい投資環境を紹介した。彼は「臨沂は新型工業化とアーバナイゼーションの快速的な発展時期にあって、4300社あまりの規模以上の企業と60万個の市場主体を持ち、民営企業が企業総量の97%を占めて、市場の需要が旺盛で、発展の空間が広いだ。特に現在に、臨沂新旧原動力の勢いが強くなっていて、90億元の産業指導基金が経済発展モデルのグレードアップに助力し、100社の高成長性のある企業と100社の革新創業プラットフォームが速く生長していて17個のの国家級・省級開発区と園区が効率的に運営していて、機械や冶金や食品や医薬や木産業などの8つの伝統産業がモデル転換を加速していて、知能物流や医学健康や知能製造や数字経済や農業[新六産]などの8つの新興産業がだんだん規模を形成し、総投資額の4000億元の重要なプロジェクトも始まった。臨沂の高品質の発展に「天の时、地の利、人の和」の条件が備えるので、各々の創業者あるいは投資家にとって、せっかくのチャンスである。」と述べた。

 王玉君は大会でみんなに向け、心からのお招きをした。彼は「広州は改革開放の先行地、実験区として、全国の革新発展の中に重要な率先役割を果たした。在席の皆さんは業界のエリートで、広い視野と豊かな人脈と創業の勇気を持っている。ぜひ、臨沂にお越しください。我々は、「投資者に替り考え、投資者に助けて成功し、投資家に助け発展し、投資家のためにサービスし」という理念どおりに、発展環境を最適化にさせ、激励の政策を充実させ、「投資者に親しくさせ、投資者に安心にさせ、投資者に金儲けにならせる」雰囲気をつくり続けている。」と言った。 

 今回の「両招両引」の仕事商談会は珠江デルタ地域、香港マカオ台湾地区、東南アジア地域と交流協力を促進し、臨沂市の発展優勢と投資環境をよく宣伝し、珠江デルタ地区の産業企業と人材資源の突き合わせを促進して、資金・人材の導入プロジェクトの発展を促進することを目指して、調印した商業・資金導入プロジェクトが32個で、人材・知能導入プロジェクトが11個、利用できる市外資金が184.8億元に達した。

知っているところで、広州王老吉薬業株式会社は臨沂市の費県と、金銀花の買収と銀光グループの良質な水資源を利用し協力に涼茶を生産するプロジェクトと突き合わせ、今、商談の段階にあるということだ。またに、臨沂市のぐ南県の通航プロジェクトは大店鎮に実施する。広東龍浩グループがグ南県と協力し、通用空港を建てるように計画した。同時に、康美薬業は臨沂市で投資を行って、臨沂市の河東区に智能薬屋と漢方薬卸売取り引きセンターを建てる。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】