今日臨沂>臨沂ニュース

山東の四つの都市が淮海経済区協同発展に参加

このほど、淮海経済区協同発展座談会は徐州で開催され、新たな地域協力の重大課題、重点分野、重要任務を議論・確定した。山東荷沢、済寧、臨沂、枣庄の4都市は淮海経済区の建設に参加した。同会は「淮海経済区協同発展宣伝」を審査・許可して、以下の方面で協力・交流を展開する予定。

1.新たな地域協同発展メカニズムを構築

交流対話を更に深化、戦略決定メカニズム、交流調整メカニズム、協力運営メカニズム、コンサルティングメカニズムを設立、都市感情共同体、利益共同体、運命共同体を作り上げる。

2.都市交通コネクティビティを加速

交通同城化建設の推進を重点分野と措置として、建設中のプロジェクトを同時に実施、計画プロジェクトを協同で推進、中長期プロジェクトを科学的に計画、速く、便利、安全、効果の高い地域総合交通システムを加速して構築する。

3.都市産業協力協同を深化

地域の特徴と資源に立ち、産業チェーンの融合を深く推進、プラットフォームキャリアーの建設を強化、「一帯一路(the Belt and Road)」に参加、協同・効果の高い現代産業システムを加速して建設、国内外提携する開放的構えの形成を推進する。

4.生態環境連合防止・コントロールを推進

豊かな自然は金銀ほどの価値があるという理念をしっかりと立てて、生態システムの協力保護を推進、大気、水、土壤汚染の連合防止・コントロールを強化、突出した環境課題を協力で解決、汚染防止の難関攻略を勝ち取るために力を尽くし、人と自然の調和的発展を形成する現代化建設パータンを推進する。

5.社会事業の共同建設・共有を促進

基本公共サービスの均等化促進メカニズムを完備させ、教育交流協力を強化、医療衛生サービス能力とレベルを向上させ、文化・観光の融合発展を推進、社会管理を革新、穏やかな社会環境、公正な法治環境と良質なサービス環境を積極的に構築、地域の人々の日に日に増加する素晴らしい生活への需要を更に満足する。

中国山東網

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】