今日臨沂>臨沂ニュース

改革開放40周年 臨沂は新旧原動力転換の行う最中にあり、高質量発展のラッパを吹き鳴らし

美しい大き新臨沂を建設してくるのは新時代に沂蒙人民の夢である。新しい大改革、大開放、大発展のブームが整然として斉魯大地で流れてくるに伴って、臨沂は新旧原動力転換を速め、高質量発展のラッパを吹き鳴らす。

先進に追求し、新旧原動力転換を速め

臨沂は革命旧区として、これまで経済基礎が弱く、経済構造が単一で、伝統的な産業が比較的に遅れて、先進プロジェクトが比較的に少ないで、経済発展が多くの問題に直面した。

2018年1月に、国務院が『山東新旧原動力転換綜合試験区の総体建設方案』を正式に批准した。臨沂都市建設などのプロジェクトは『山東新旧原動力転換綜合試験区の総体建設方案』に入られた。

4月10日から14日まで、更に思想を解放させ、新旧原動力転換を促進するために、臨沂市が考察団を派遣し、南方地区の徐州、合肥、蘇州、杭州の四つの都市へ考察勉強に行った。四つの都市に比べて、臨沂市は発展変化や理念モデルや都市目標や発展段階や新技術や新産業や団地企業や環境制度などの方面におけ、多くの格差を見つけた。4月16日に、臨沂市新旧原動力転換及び開放型経済・商業導入仕事動員大会は開催された。臨沂市の書記の王玉君は「今の臨沂、必ず覚醒してくる時につく」と呼びかけた。そして、臨沂市の各級部門と各々の業界はあらしのような大改革を繰り広げた。

四種の商城スタイルが同時に成立し、内外貿易融合示範区をつくり

近年に、臨沂の経済発展のスピードが快速的になったのは臨沂商城が強い駆動役割を果たしたからである。臨沂商城は臨沂の1枚の重要な都市の名刺であるだけではなくて、更に商品と物流と情報と知能化を集大成したの融合プラットフォームでもある。

臨沂は商貿物流の発展を新旧原動力転換のエンジン産業として、国城際化と電子商取引化と集約化の「三化合併」政策を堅持し、古い商業貿易城と海外商城とオンライン商城と国際商城の「四城が同時に建設し」を推し進め、「市場と物流と倉庫に入れと加工とサービス」融合発展モデルを探し、全国の有名な商品取り引き卸売センターと物流調達センターと電子商取引集めセンターをつくり、「一帯一路」国際貿易新高地と国際展覧会経済の新高地をつくるように努力している。

「8+8」現代産業育成計画を立て

高速に走る列車は強いエンジンを進んだ動力源としたほかに、走りを支える車輪も必要がある。だから、臨沂市は八つの伝統的な産業と八つの新興産業の発展計画を立てた。八つの伝統的な産業と八つの新興産業は臨沂の高速発展の車輪駆動ようなものである。

食品産業、木産業、機会産業、冶金産業、化工産業、建設材料産業、医薬産業、紡織服装産業は臨沂の伝統的な八つの産業である。それらの産業が臨沂の発展を支え続けている。伝統産業をグレードアップさせるのは新しい体制と新しいメカニズムと新しい技術と新業界と新しいモードを実施し、機能を向上させ、活力を高める必要がある。

 2018年2月に、臨沂市の多くの新旧原動力転換重要プロジェクトが集中に調印された。この中に、華大遺伝子や華為臨沂クラウドコンピューティングビッグデータセンターや新松ロボットなどの新興産業が含まった。今度の調印したプロジェクトはモードが新しい、科学技術が強く、業界の前に走った。

田舎振興 「臨沂サンプル」

近年以来に、臨沂で、田舎の居住環境が改善し続いて、農村の道路建設が1288キロを新しく増えて、農村の無害なトイレが40万軒を新しく建設られ、更に25.8万人の農村人口の飲水安全問題を解決した。臨沂は省級の美しい田舎模範村をの45個創建して、新たに省級の伝統的な村落を11個新設した。

未来に、臨沂は農業増効行動を実施する。ブランド農業と生態農業と施設農業とレジャー農業と知恵農業を発展の方向として、臨沂国家農業科学技術園区や蘭陵国家農業公園などのプラットフォームに頼って、農業の「新6産」プロジェクトをよくできるように努力し、更に「ビッグデータ+農業」を推し進め、農村が電子商取引を発展させることを支持し、農村を美しくならせ、農民を豊かにならせる。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】