今日臨沂>臨沂ニュース

王少年の羽絵作品は市級無形文化財のリストに入選された

王少年の羽絵作品の「大中華」

   羽といえば、まずその美しさや軽薄を思う人が多いである。絵の具の代わりに絵を描けることがあんまり見られない。臨沂市の蘭陵県の王少年はできた。彼は羽の天然色や柔軟な生地を巧みに利用し、素晴らしい作品をつくり、独特な芸術タイプすなわち羽絵を形成していた。

王少年

今年に78歳の王少年はもう60年に絵画芸術に従事した。この中に、彼は羽画を作るのも40年近くかかった。羽絵と縁を結んだことといえば、子供のころから、王少年は絵を描くのが好きだった。国画でも油絵でも、彼は全部に大好きである。

全部の羽は染色されなく、鳥の天然の羽である。

羽で鶏を描いた作品

羽絵は中国の伝統的な文化を伝承する。

王少年は生徒に羽絵のつくりを教えていた。

王少年の羽絵作品は市級無形文化財のリストに入選された。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】