今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂の2つの湿地公園は国家級湿地公園に選ばれた

中国臨沂網1月8日掲載 公布されたばかりの2018年モデル国家湿地公園チェックシートから見ると、臨沂市の沂水国家湿地公園と沂沭河国家湿地公園はチェックにパスして、光栄に国家湿地公園に入選された。

 知るところでは、全国112カ所の湿地公園は順調にチェックにパスしたということだ。この中に、山東省に、パスした公園が10カ所に達した。

沂水国家湿地公園は跋山ダムと沂河を主体として、総面積が3394ヘクタールに達し、湿地面積が2709・3ヘクタールで、湿地率が79・83%に達し、生態保育区と生態回復区や科学普及宣伝教育区と合理利用区と管理サービス区の五つの機能区と分かれた。沂水国家湿地公園は2013年に元の国家林産業局によって批准された国家モデル湿地公園であった。公園の中に、美しい池の景観や葦の景観などの自然景観と豊富な野生動植物資源がある。

沂水県が国家湿地公園の建設工事を繰り広げた時に、監督と管理を重視し、保護を主な任務とした。現在に、湿地自然水系と生物の群落が回復し、野生の動植物群の数がだんだん増えてきていて、沂河の水の質量と生態環境も改善された。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】