今日臨沂>臨沂ニュース

代表たちはグループに分けて『政府活動報告』を審議した

蒙陰県代表団の牛慶花と秦立安は『政府活動報告』を審議していた。

中国臨沂網1月21日掲載 この間に、臨沂市第19期人民代表大会4回会議に出席した代表たちはグループに分けて、中国共産党臨沂市委員副書記・臨沂市長の孟慶斌によって発表された『政府活動報告』を審議した。

沂水県代表たちは『政府活動報告』を審議した。

グ南、平イ、臨沭代表団は「『政府活動報告』は趣旨が高遠で、構想がはっきりしていて、目標が明確で、措置が着実で、人の心を奮い立たせ、力を集められた良い報告である。」と評価した。

彼らは「報告の中のまとめたの成績が事実に基づいて、重要な仕事の措置が科学的で、これから、報告の中に提出された任務目標と仕事の要求に従って、積極的に実行を推し進め、新時代の臨沂建設のためにより強い動力の支えを提供しよう」と考えた。

グループに分けて審議では、沂水、蘭陵、タン城の代表団の代表たちは「去年から、臨沂市委員会の指導の下で、臨沂市が思想を解放し、新しい突破を求めて、力を集めて発展を図り、統一的に経済の増長を実現させ、改革を促進して、構造を調整して、リスクを防ぐのを通じて、高品質の発展を実現させ、新しい階段へ歩んだ。」と指摘した。

今年の「政府活動報告」はまた新旧原動力転換、開放、都市建設、農村振興、改革、民生保障の「六つの重点」を強調し、努力し新時代に新臨沂の都市建設の計画を立て、さらに全市の各部門と大衆の仕事情熱を奮い立たせた。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】