今日臨沂>臨沂ニュース

魯南高速鉄道の日照―曲阜区切が12月26日に正式に開通する

中国臨沂網3月8日掲載 記者は関わりのある部門の紹介によると、魯南高速鉄道の日照―曲阜区切りが5月20日から静態検収が開始し、8月1日から調整テストが開始し、12月26日に正式に開通するということだ。つまり、12月26日に、臨沂市で高速鉄道の便利性を享受することができる。その時、臨沂から北京、上海まで、十時間から三時間ほど短縮され、臨沂から済南まで1時間で到着することができる。

現在、魯南高速鉄道は今工事中で、路床やブリッジやトンネルなどの主体工事がすべて完成した。レール敷きがすでに310キロ完成し、4月末にすべて完成する。臨沂北駅の一階段の主体構造が75%完成した。他の県級駅の主体構造がすでに基本的に完成した。

魯南高速鉄道の臨沂北駅のレール敷き工事

魯南高速鉄道の建設工事現場

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】