今日臨沂>臨沂ニュース

2019年の上半期に、臨沂市は『高速鉄道区の生態景観建設計画』に完成し

中国臨沂網3月13日掲載 2018年に、大きな成果をとって、2019年に再び出発する。11日に、臨沂市都市管理総合サービスセンターに2019年園林緑化仕事会議は開催された。

2019年の上半期に、臨沂市は『高速鉄道区の生態景観建設計画』に完成し、新幹線がオアシスを通る生態絵巻をつくり、沂蒙人民に新しい「郷愁」をつくりあげて、「生態を前におき、後に都市を建てる」という理念を都市建設計画の中に融合させ、区域生態サンプルをつくる。できるだけはやく『臨沂市中心城区の生態水系計画』と『臨沂市中心城区の生態水系建設計画』と『都市緑地系統防災避難計画』の専門家の論証を完成する。

臨沂市都市管理総合サービスセンターは積極的に計画部門と商談し、「両河の時代」の全体的な考え方に従って、よく新しい都市発展計画の中の緑化特別計画を作る。南京橋の北から柳杭ゴムダムにかける区域緑化工事を速める。都市が拡大するとともに、この区域にすでに多くの市民が住んだ。庭緑化の主管部門は迅速に行動して、緑化建設の推進を速めて、緑化工事や光り工事などの手段を通じて、湿地工事の新しいハイライトを作り、市民のレジャーの需要に満足する。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】