今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂―カンボジアのシアヌークの初飛行記者会見は開催された

中国臨沂網3月18日掲載 ハンガリーからパキスタングワダル港まで、サウジアラビアのジッダからケニアのナラビまで、マレーシアのクチンからカンボジアプノンペンまで、臨沂海外商城のグローバルなレイアウトはどんどん広めた。15日に開催された臨沂―カンボジアのシアヌークの初飛行記者会見で、主催方はシアヌークに関わる経済情況と投資環境に重要な推薦をし、多くの商家の興味を引き起こした。ある建材商家は「カンボジアは「一帯一路」の重要なノード都市で、「一帯一路」に従って出国へ発展に行くことはぜひ問題がない」と言った。

シアヌークはカンボジア王国の最も南西の端に位置して、カンボジア王国の唯一の海港都市で、海岸線の全長が460キロメートルで、カンボジアの最大の海港で、同時にカンボジアの唯一の現代化のある商業港、免税港で、全国で貨物の取り扱い量が70%を占める。

シアヌークはプノンペンから232キロメートル、カンボジアの3番目空港があり、中国の19個の都市へ直航便がある。中国人の観光客はシアヌークへ観光に行くことが非常に好きで、観光客の90%を占める。また、シアヌーク港はカンボジアの最大の国際的な深水港で、貨物の取り扱い量が全国の70% 以上を占め、カンボジアの各国と商業取り引きを行う重要な中枢である。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】