今日臨沂>臨沂ニュース

海外へ行ける新しい橋をかけ 臨沂企業はネパール中国(臨沂)商城を建て

中国臨沂網4月8日掲載  第八回ネパール国際貿易博覧会に参加して、ネパール中国(臨沂)商城を設立して、150万ドルの注文書をとった。3月26日から4月1日まで、臨沂商城管理委員会と臨沂総合保税区と臨沂商城の部分の商業協会と山東新聯紡からなる代表団はネパール視へ察に行き、豊かな成果をとって、わが市と「一帯一路」沿線国家の対外交流を一層に強めた。

今回の考察では、代表団は相次いで第8回ネパール国際貿易博覧会及び開幕式や新聯紡ネパール中国(臨沂)商城開業式や中ネ商業貿易座談交流会などの活動に参加し、それぞれネパール政府・商業の両業界の指導者及びネパール中資企業と座談交流を行った。ネパール国際貿易博覧会はネパールの商工聯合会によって主催され、ネパールの国内で最大規模の総合展覧会である。

展覧会に頼って、総合保税区にある山東新聯紡は中ネ対外貿易の新しいプラットフォームを探索し建てる。臨沂総合保区の出展した企業の山東新聯紡輸出入有限公司の楊俊総社長は「臨沂総合保税区の出展企業代表として、私たちは臨沂総合保税区の優位性を宣伝する責任を担当するだけでなく、臨沂の品質がよく値段がやすい商品を薦める義務もあり、臨沂商品をネパールへ入り行かせて、もっと多いネパール商品を臨沂へ入り輸送させる」と言った。

「展覧会体験コンサルティング+展覧ホール商談調印」のモデルを通じて、山東新聯紡会社は多くの地元の販売商家、工事請負企業、政府要人の注目を集めた。5日間の展覧会で、15万ドルの現場販売を実現し、約150万ドルの注文に調印した。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】