今日臨沂>臨沂ニュース

中日青年企業家による経済貿易交流活動、貴州省で開催

 9日、電子製品を見る中日青年企業家。(貴陽=新華社配信/貴州省商務庁提供)

【新華社貴陽4月10日】中国貴州省人民政府、中国青年企業家協会、日本青年会議所(JC)が共同で主催する中日青年企業家(貴州)経済貿易交流活動が9日午後、貴州省貴陽市の貴安新区で行われ、中国と日本の青年企業家160人余りがハイエンド設備製造産業パークを視察したほか、経済貿易協力について意見を交換した。

商務部外資司の唐文弘(とう・ぶんこう)司長は交流会の席で、貴州省は生態環境が良く、経済が迅速に発展し、成長傾向は明らかであり、中国で最も活力と潜在力を備えた地区の一つとなっていると表明した。

日本JC日中友好の会の相沢弥一郎会長は、今回の交流活動の目的は、交流をさらに深め、日中両国ひいては世界で活躍する青年経済人を育成することだと述べた。

貴州省の盧雍政(ろ・ようせい)副省長によると、近年、日本と貴州省の各分野での交流・協力は日増しに緊密になっている。現在、貴州省に設立した日系企業は40社で、ゼンショー、太平洋セメント(中国法人名は小野田)、平和観光、パナソニック、三菱など、日本の大手企業が同省と深い提携関係を確立している。日本はすでに貴州省の重要な外資の源となり、2018年の双方の輸出入総額は2億4900万ドル(1ドル=約111円)に達した。

(記者/蔣成、向定傑)

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】