今日臨沂>臨沂ニュース

第七回蘭陵野菜産業博覧会は12日に開幕し、野菜の景観がすばらしく「沂蒙精神」を現わし

中国臨沂網4月11日掲載 第7回蘭陵(蒼山)野菜産業博覧会は4月12日に臨沂農業展覧館(蘭陵国家農業公園)で開催される。野菜産業博覧会の各々の展覧館はもう盛装に姿を現した。今年に、またハイテクのインテリジェント化の温室を増加して、“光り輝く中国”の展覧館で、ジャガイモやカボチャなどの野菜でつくる天安門だけでなくあり、また「赤い船の精神」の景観帯に加えて、同時に「幸福家」景観で「四雁工事」に加えた。第七回蘭陵野菜博覧会は様々な奇異な野菜を展示されるだけでなく、更に蘭陵人の開拓進取の沂蒙精神を体現する。

 

各々の展覧館は飾り仕事が終わり

今回の野菜博覧会は「野菜産業の新旧原動力転換、農業と文化と観光の有機的な融合、農村の全面的な振興」の発展理念をめぐって、「環保、科学技術、融合、シャア」を強調し、現代農業の発展の新しい成果を集中的に展示する。計画展示ブースが905個ある。その中に、先進国の農業企業代理人でもバイヤーでも国際の有名な農業に関わる農業企業でも国内外の知名な農業商会でも協会でも社団組織もいる。また、国内の大型農業産品卸売市場、スーパーの仕入担当及び電子商取引プラットフォームもある。同時に、県内の和市内の重要な野菜生産協力社、農業産業化先導企業も博覧会に参加する。

 期待に値するのは、今回の野菜博覧会の内容がより豊富であることだ。プロジェクトにおけて、臨沂農業展覧館は既存のプロジェクトの改造した上で、心を込めてハイテクのインテリジェント化温室を作り、新農業人研修センターと印象蘭陵プロジェクトの建設をスタートさせ、2か所のマイクロ地形景観を建設した。ハイテクのインテリジェント化温室「農業科学技術館」を新築した。農業科学技術館は三つの展示室から構成され、それぞれ産業化栽培の葉菜、萌やし、果物である。印象蘭陵プロジェクトは沂蒙老町の二期の工事で、現在の開発された老町の一期に隣接して、老町の一期の観光文化に補充の役割をたて、宿泊や飲食や娯楽やレジャーなどの要素を集める古い町である。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】