今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂市沂蒙山地質公園は正式に世界地質公園に指名された

このほど、『ユネスコ世界地質公園指名リスト』は公布された。

中国臨沂網4月15日掲載 このほど、『ユネスコ世界地質公園指名リスト』は公布された。臨沂市沂蒙山地質公園は正式に世界地質公園に指名された。

沂蒙山地質公園は蒙山園区とダイヤモンド園区と岱崮園区と孟良山崮園区と雲蒙湖園区からなり、総面積が1804.76平方キロメートルに達し、その豊かな歴史文化や恵まれる生態環境や神秘的な地質地形によって知られていて、特にその地質遺跡や地形景観や生態系統や人文特色が典型的な特徴を持つ。

2015年9月に、蒙山観光リゾートと蒙陰県は共同に「沂蒙山世界地質公園」を申し込んだ。同年の12月27日に、沂蒙山国家地質公園は国土資源部の第9陣世界地質公園の推薦リストに入選され、正式に沂蒙山世界地質公園を創建した幕を開いた。

2018年8月2日から5日まで、ユネスコ世界地質公園評価専門家たちは沂蒙山地質公園へ考察と評価に来た。2019年9月11日から14日まで、第8回ユネスコ世界地質公園大会はイタリアで開催された。65カ国家からくる850人あまりの代表は第8回ユネスコ世界地質公園大会に参加した。沂蒙山地質公園も代表団を派遣し会議に参加した。

2019年4月13日に、沂蒙山観光区亀蒙観光地のマイクロブログでは、沂蒙山地質公園がユネスコ世界地質公園理事会の審議にパスして、正式に世界地質公園に指名されたという情報は発表された。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】