今日臨沂>臨沂ニュース

臨沂インフラ建設は全面に速まる

蒙山大通りの祊河橋と立体交差橋の改造工事図

 中国臨沂網4月24日掲載 これから数年に、臨沂はどんな変化があるか。インフラ建設がどうように発展するか。この間に、臨沂市政府は『インフラ建設を速める実施意見』を印刷し、公布した。インフラの建設が快速的な道路に入る。この『意見』は総合交通インフラやエネルギー構造や総合市政インフラや生態保護や環境整備レベルや農業農村インフラや情報通信施設の建設などの分野にフォーカスし、未来の仕事目標を立て、2022年までに初歩的に比較的に完善したインフラと公共サービス体系を形成させ、強く経済社会の発展に支える。

『インフラ建設を速める実施意見』は基礎施設の分野にフォーカスし、新しい時代にある美しい新臨沂の建設に強い保障を提供する。

総合交通インフラはさらに完善されるべきだ。高速鉄道の建設におけ、新しく優秀な成績を取り、距離が165キロに達する。高速道路の建設距離が690キロに達し、臨沂空港の旅客スループットと貨物スループットがそれぞれ400万人、1.6万トン以上に達する。

エネルギー構造をさらに最適化させるべきだ。再生可能エネルギーの発電量が130万キロワット新増加し、クリーンエネルギーのインストール率が35%に達する。

総合市政のインフラをさらに健全にさせる。都市住民の公共交通の分担率が30%に達して、スポンジ都市区が都市の建設区の35%以上に達して、都市の地下総合管理廊下が50キロメートル以上に達する。都市生活の汚水、ゴミ処理施設も全部カバーに実現する。生態保護と環境治理のレベルはさらに向上させる。  

農業農村のインフラはさらに改善される。高標準のある農地が560万ムーに達し、有効に灌漑できる面積が540万ムーに達し、農村の環境改善も大きな進展を取る。

情報通信施設の建設はさらに速まる。高速光ファイバブロードバンドネットワークと5G移動通信ネットワークの建設を推進し、都市農村情報インフラの協調発展を加速し、通信ネットワークの広くカバーから高速・普及・、スマートな発展方向へ変わる。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】