今日臨沂>臨沂ニュース

2019中国臨沂春季輸入商品博覧会は開幕した

開幕式の現場

中国臨沂網4月28日掲載 4月26日の午前に、中国商業連合会と中国日常用品商業協会によって主催させ、山東省商務庁と臨沂市人民政府によって支持され、臨沂商城管理委員会と臨沂市商務局と蘭山区人民政府と蘭山商城管理委員会と山東蘭華グループによって引き受けられた2019中国(臨沂)春季輸入商品博覧会は臨沂輸入商品卸売城で開幕した。各地からきた500社余りの国内外企業と協会の代表たちは開幕式に参加した。

2019中国(臨沂)春季輸入商品博覧会は「臨沂で世界商品を買って、世界に臨沂を見せる」を主題として、欧米・オーストラリア展覧区と日韓展覧区と香港マカオ台湾展覧区と「一帯一路」展覧区と輸入ワイン展覧区と輸入美食展覧区の6つの展覧区が設けられて、規模が2000の標準ブースに達した。80個の国家からきた500社あまりの企業が出展した。

展示商品の範囲が輸入のベビー用品(粉ミルク、おむつ、離乳食など)、輸入の家庭用品(家庭用プラスチック製品、洗濯用品、調理器具など)、輸入の食品と飲み物(間食、保健品、各種の飲み物)、日本化の化粧品、輸入の工芸品とアクセサリーが含まった。

博覧会へ商品を買うのに来る市民と全国各地からきた出展者とバイヤーは集まった。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】