今日臨沂>臨沂ニュース

魯南高速鉄道の日照―曲阜段は8月1日から試走し、年末に開通する見込みだ

中国臨沂網5月9日掲載 6日の未明に、目前に、国内の京沪高速鉄道にまたぎ、回転角度が最大で、一番重い回転梁(魯南高速鉄道に用いられる1番号特大橋の回転梁)は曲阜市の魯南高速鉄道の工事現場で回転に成功した。

1番号特大橋は東に魯南高速鉄道をつないで、京沪高速鉄道にまたぎ、北に曲阜東駅を通じて京沪高速鉄道と繋がる。回転成功のあとに、京沪高速鉄道が魯南高速鉄道と互いに通じ合うのに実現できる。

魯南高速鉄道は国家の「八縦八横線」鉄道網の重要な接続通路であり、路線の全長が494キロメートルで、時速が時に350キロで、東に日照市から西に臨沂、曲阜、済寧、荷沢を経由して、河南で鄭徐高速鉄道の蘭考南駅と繋がる。

今、魯南高速鉄道の日照から曲阜までの舗装が終わった。架空線の工事が全面的に展開された。日照から曲阜までの魯南高速鉄道は8月1日から試走し、年末に開通する見込みだ。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】