第六回商博会は閉会し取り引き額73.5億元

     第六回中国臨沂商博会は国内外から来た企業を1631社引きつけて、取り引き額をのべ73.5億元実現 ... 【記事全文】

一時間内で200万ドルに値する注文書を取った

     この他に、大会現場で、バイヤーに目標企業を速く見せるために、大会の組織委員はサプライヤーの商品種 ... 【記事全文】

15万ドルに値する100万セットの手袋注文書

     臨沂市の蘭山区鵬昊手袋有限会社の社長の王強は会社の手袋サンプルを机に並べた。彼は「国外市場はずっ ... 【記事全文】

利用できた外来資金を501億元導入した

     国内外から来た337人の代表は大会に参加した。商談大会の期間で、臨沂市政府は外来企業と45個の項 ... 【記事全文】

外国輸入商品展示区に外来企業が398社あった

     第六回中国・臨沂国際貿易物流商業博覧会は八つ大きな展覧区に分かれた。即ち外国輸入商品展覧区とeコマ... 【記事全文】

臨沂市は海外貿易都市を建設する

     臨沂市市長の張術平は北京で「一帯一路」メディア協力フォーラムに出席して、『商業都市の国際化発展を ... 【記事全文】
  • 第五回中国臨沂国際貿易物流商業博覧会

    第五回中国臨沂国際貿易物流商業博覧会の一番大きなスポットライトは二次元コードを読み取ったら品物の詳しい意紹介を見えるだけでなく、オンラインに取り引きを完成できるのでる。博覧会組織委員会の統計によって、90%出展企業が自分のサイト及びEコマースプラットホームを展示した。現場で、300社あまりの企業は... 【記事全文】

  • 第四回中国臨沂国際貿易物流商業博覧会

    さらに影響力を広めて、臨沂市の貿易物流商業の発展特色を際立たせるために、成功に行われた三回中国臨沂市場貿易博覧会は第四回から博覧会の名称を「中国臨沂国際貿易物流商業博覧会」に変えた。 【記事全文】

  • 第三回中国臨沂市場貿易博覧会

    第三回中国臨沂市場貿易博覧会は「世界の有名な品物を集めて 各方来賓を迎え」を主題にして、52個国家及び地区から来た957社企業が出展した。出展した企業の中に、世界500トップ企業が44社あった。品物は日常家庭用品や金物や建築材料や電器や工芸品など27種を含めた。 【記事全文】

  • 第二回中国臨沂市場貿易博覧会

    第二回中国臨沂市場貿易博覧会は中国博覧会ブランドをつくること及び「山東省に立脚して 世界に向ける」を目標にして、「生産と販売を融合させ、協力共栄を実現する」を主題にして、さらに国際化元素を強調した。 【記事全文】

  • 第一回中国臨沂市場貿易博覧会

    第一回中国臨沂市場貿易博覧会は臨沂市商城展覧センターで盛大に行われて、「展示 交流 協力 共栄」を主題にして、国内に立脚して世界に向けた大型の展覧会。 【記事全文】