今日臨沂>写真臨沂

中国臨沂第五回資本交易大会の開幕式は26日に開催された

中国臨沂第五回資本交易大会の開幕式

中国臨沂網4月27日掲載 26日の午前に、中国臨沂第五回資本交易大会及び第七回中国新型金融機構フォーラムは開幕した。今回の大会は山東省金融仕事事務室、山東省工商業聯合会、臨沂市人民政府によって主催され、「新旧原動力転換を促進し、実体経済にサービスする発展」を主題として、高質量で発展することを根本要求として、供給側構造改革を主軸として、着実に対外開放、交流協力のプラットフォームをつくる。大会期間に、各種金融革新製品が展示される。

開幕式に、大会調印式も開催された。調印したプロジェクトが54個あり、契約額が1360億元に達した。臨沂市田舎振興基金と智能製造基金と智能製造工場の除札式も開催された。

臨沂市田舎振興基金と智能製造基金と智能製造工場の除札式は開催された。

開幕式の他に、今度の大会は10つの系列活動がある。26日の午後に、六つの関わりのある活動が開催された。第七回中国新型金融機構フォーラムに、大会に参加した専門家が「厳しい監督背景の下に新型金融転換発展」、「新時代に、どのように三農(農村、農業、農民)にサービスするのか」などの話題をめぐって、講演を繰り広げた。また、中小銀行が田舎振興と持続可能な発展に助力するフォーラムと地方金融サービス革新とリスクをコントロールするフォーラムも行われた。 

資本市場が転換グレードアップ発展に助力するつき合わせ大会に、専門家が目前の企業上場政策形勢とどのように実体経済転換グレードアップ発展に助力するかのことをめぐって分析をした。

大会調印式も開催された。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】