今日臨沂>写真臨沂

ロシアの漢方学者は臨沂へ漢方を習うのにくる

22日の午前の八時に、臨沂市漢方病院は15人のロシアから来た学習者に歓迎会を開催してあげた。

中国臨沂網10月23日掲載 臨沂市漢方病院の副院長の何勇の紹介によって、よりよく「一帯一路」の国家建設戦略を貫き、着実に漢方薬の対外交流における重要な役割をに発揮するために、臨沂市漢方病院とロシア国立病院が友好的な協議を経て、今回の学術交流活動は開催されたということだ。 

臨沂市漢方医病院の副院長の何勇はロシアの学習者を率いて診察室のロビーを見学した。

ロシアのイルクスクから来たイリナ医者は地元病院の漢方診療の情況を紹介していた。

臨沂市漢方医病院の医者の時暁光はロシアから来た学習者に鍼灸知識を教えていた。

臨沂市漢方医病院の医者の時暁光はロシアから来た学習者にマッサージ技術を教えていた。 

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】