今日臨沂>写真臨沂

習近平国家主席、新年を迎えるあいさつを発表

31日、中央広播電視総台とインターネットを通じて、新年を迎えるあいさつをする習近平国家主席。(北京=新華社記者/鞠鵬)

【新華社北京1月1日】中国の習近平(しゅう・きんぺい)国家主席は31日、中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ)とインターネットを通じて新年を迎えるあいさつを発表した。

習近平氏は2018年を振り返り、次のように語った。

われわれは2018年、充実した日々を過ごし、その歩みは揺るぎないものであった。われわれはこの1年で、さまざまなリスクや課題に打ち勝ち、質の高い経済発展を推し進めた。新旧の原動力の転換を加速させ、合理的な範囲で経済の運営を維持してきた。青い空と澄んだ水、きれいな土を守る戦いが順調に進められ、各民生事業はより迅速に発展。人民の生活は改善されつつある。京津冀(北京市・天津市・河北省)協同発展や長江経済ベルト発展、粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)建設などの国家戦略も着実に実施されている。

われわれは今年、改革開放40周年を盛大に祝い、党と国家機関に対し系統的で全体的、再構築的な改革を行った。100以上の重要改革措置を打ち出し、第1回中国国際輸入博覧会を開催。海南自由貿易試験区の建設を始動させた。世界はそこに改革開放における中国の加速度の高さを、改革開放を徹底する中国の決意を見た。われわれの改革の歩みは止まることなく、開放の扉はますます大きく開かれていく。

習近平氏は2019年を展望し、次のように述べた。

われわれは2019年、中華人民共和国成立70周年を盛大に祝うことになる。人民は共和国の強固な礎であり、執政を担う者にとって最大の力添えである。新たな道のりで乱雲に覆われ、波風に打たれようと、われわれはしっかりと人民をよりどころにしていく。自力更生と刻苦奮闘を堅持し、一歩一歩着実に前人未踏の偉大な事業を推進していかなければならない。

2019年はチャンスもあれば試練もある。これからも皆が共に努力し奮闘していく必要がある。減税・費用軽減の政策と措置を着実に根付かせ、企業が本業に集中できるようにしなければならない。誠意をもって各種の人材を尊重し、彼らの革新と創造の活力を十分に引き出していく。基層幹部の心の声に耳を傾け、責任を担い行動力のある幹部が熱意とやりがいを持てるようにしていく。1千万以上の農村貧困人口の貧困脱却任務は期限通りに完了させなければならない。国家を守るために貢献を果たした退役軍人を大切にしなければならない。

世界に目を向けると、われわれは今まさにかつてない大きな変局に直面している。国際情勢がいかに変化しようと、国家の主権と安全を守るという中国の自信と決意は変わらず、世界の平和を守り共同発展を促すという誠意と善意も変わることはない。われわれは「一帯一路」共同建設を積極的に推し進め、人類運命共同体の構築を推進し続け、より繁栄した美しい世界を築くため、たゆまぬ努力を続けていく。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】