今日臨沂>写真臨沂

植樹節に、学生たちは母校で木を植え

 100人の学生と一部分の学生の父兄は一緒に30本のモクセイ木と20本の海棠木を植えた。

中国臨沂網3月12日掲載 3月10日の午前に臨沂市第三十五中学の2016級15組と16組の学生はキャンパスで「成長を見守る母校を根とする」を主題とした植樹活動を繰り広げた。イベントでは100人の学生と一部分の学生の父兄は一緒に30本のモクセイ木と20本の海棠木を植えた。学生たちはまだ新しい植えた木の上に自分の願いカードを掛けて、自分が間近に迫る高校入学试験の中で優秀な成績を取るように励ました。

写真は贾路傑によって撮影された。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】