今日臨沂>写真臨沂

臨沂市タン城県は農業用ドローン操作技能訓練を繰り広げた

農業用 ドローンの操作教員は農民に飛行操作の知識を教えた。

中国臨沂網3月14日掲載 3月12日に、臨沂市タン城県は農業用ドローン現場参観と操作技能訓練活動を繰り広げた。全県に、37人の家庭農場代表と食糧植え合作社代表は ドローン常識やGPSや障害回避の設定などの知識の勉強に参加した。その活動は農民が試験にパスし運転免許を取ることに助けるを目指し、もうすぐ来る春耕・春の蒔きつけに助力した。

写真は房徳華によって撮影された。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】