今日臨沂>写真臨沂

柳編み帽子を被って清明節を迎え

中国臨沂網4月4日掲載 3月30日に、タン城県馬頭鎮にある桃の花園で、子供達は柳編み帽子を着て、一緒に楽しく遊んでいた。4月5日(旧暦の3月1日)は中国の伝統的な祝日の清明節である。タン城県の人民は清明節に柳を挿し、柳編み帽子をかぶる習俗がある。清明節まもなく来て、人民はこのような方式で春の到来を迎え、美しい願いに託して、健康を祈る。

写真は房徳華によって撮影された。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】