今日臨沂>写真臨沂

カササギ羽が向かい合って鳴いていた

カササギ羽が向かい合って鳴いていた

中国臨沂網4月11日掲載 臨沂市の平イ県にある観音山観光地で二つのカササギ羽が向かい合って鳴いていた。中国でカササギ羽は吉祥や喜びなどの良い意味がある。カササギの顔が向かい合ったら、「楽しく出会い」と呼ばれる。二つのカササギ羽の中に古いお金を入れたら、「喜びは目の前にある」と言われた。カササギ羽が梅の枝に登ったら、喜びを伝えるの言い方がある。その言い方が最も広く伝わっている。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】