今日臨沂>写真臨沂

臨沂銀杏紅茶は登場した

労働者たちは銀杏紅茶を炒める材料の銀杏葉をさらした。

労働者たちは銀杏紅茶を炒める材料の銀杏葉を検査した。

中国臨沂網4月26日掲載 この間に、臨沂市タン城県にある5万余ムーの銀杏茶園は摘みの季節を迎えた。各々のお茶工場はタイミングを争って、紅茶を炒め、市場に供給した。爽やかで香りが溢れて、フラボノイドに富む銀杏紅茶は大人気である。聞くところによると、臨沂市のタン城県は「中国銀杏の郷」で、銀杏の植え面積が30万ムーに達して、銀杏葉の年生産量が1000万キロに達した。

写真は房徳華によって撮影された。

责任编辑:徐珍

分かち合う: 0
关闭】【纠错:linyi0539china@hotmail.com】